MENU

海外取引業務で役立つ知識

婦人

求人先が求める能力

貿易業務への転職を成功させる上では様々な知識を身につけておくことが必要です。特に、貿易業務では外国語の中でも英語が必須のスキルとされますが、これは相手国とのコミュニケーションだけではなく、いち早く海外からの情報を入手して実務に役立てる必要があるためです。具体例としては為替の問題が挙げられます。これは相手国の経済情勢や地政学的な要因で大きな変動をもたらすものです。為替変動は貿易業務にも大きな影響を及ぼし、転職先も求職者がどの程度の世界情勢に関する知識を持つのかを重視しています。それゆえに、為替に影響を及ぼす要因などを学び、転職先にアピールすることが求職者にプラスに働くのです。また、貿易の仕事に転職するときに重要になるのが英語での意思疎通の能力です。これは会話的なスキルだけではなく文書作成やメールでの対応に加え、専門用語の理解など広範囲に及びます。貿易の仕事は電話対応も多く、スピーキングのスキルが不可欠です。さらに、相手国とはメールで専門用語を駆使してコミュニケーションをとることが必須です。そのため、英語で通関や法律、取り扱い品目について深く把握しておくことが要求されるのです。そして、取引先の相手国や経由する経路と通関の関係により、複数の異なる国の法律を理解してトラブルを回避する能力も求められます。これらの総合的なスキルは貿易業務で転職先にアピールできる有効なポイントとなり、新たな仕事に就くための武器となります。